辞書
AdobeStock_277295078
学習塾(中高、受験生)12
ひとのもりをつくる学習塾
まなびの森は宮城県南部地域の非営利の学習塾です。
お気軽にお問い合わせください。
代表紹介

小学生から大学受験生まで生徒様と一緒に走りながら指導を行うスタッフを揃えています

一般社団法人まなびの森 (1)

坂本 一

代表

まなびの森は「ひとのもりをつくる」という一言を掲げ日々の活動に向かっています。

この言葉には、地域社会が再生産を繰り返し存続するためには、地域に必要なひとを地域自らが育て上げなければならない、という思いを込めています。

 

お気軽にお電話でご連絡ください

0244-63-5238

0244-63-5238

13:00~22:00

宮城県角田市角田字扇町 5-3

Q&A

生徒様が実際に学習する環境や指導などについて寄せられたご質問を掲載しています

  • グループでの授業と個別での授業は選べますか?

    ご入会時にお選びいただけます。

    どちらの方が良いか迷われた際にはお気軽にご相談下さい。

Access

南部エリアで生まれ育った子どもたちに学習の機会をお届けしています

20年以上に亘って、宮城県南部地域の小学生から高校生の生徒様に学習支援を行っている教育事業に携わっています。南部地域で、計3つの学習教室を運営しているほか、学習支援活動にも積極的に取り組んでいます。
学習塾(中高、受験生)8
法人名 一般社団法人まなびの森
住所 宮城県角田市角田字扇町 5-3
電話番号 0244-86-4203
営業時間 13:00~22:00
定休日 日曜日
対応エリア 【まなびの森角田教室】【まなびの森大河原教室】【まなびの森山元教室】

小学生から高校生までの生徒様の大学進学率が向上するように努めています

小学生から高校生まで一貫指導を行うことで、希望の進路に進めるようにサポートを行っている学習塾を、角田市で運営しています。宮城県の南部地域で生まれて育った子どもたちが、しっかりと学習をして希望とする進路に進んでいけるように、スタッフがサポートを行いますので、安心して学んでいただけます。もちろん、自受験直前にだけ教室をご利用いただくこともできますが、長い関わりを通じて生徒様の力が成長していく様を見守っていきたいと考えています。また、東日本大震災をきっかけに被災した子どもたちに、学習の機会を与える支援活動にも積極的に取り組んでいます。被災した子どもたちが学習できる環境を提供しているほか、不登校の子どもたちや高校生の居場所づくりといった取り組みも行っています。
About us

20年余りの間子どもたちに学習するための機会を提供し続けています

教室を利用する生徒様一人ひとりが希望する進路に進めるように支援します

小学生から大学受験生まで、一貫した指導を行うことで希望通りの進路に進めるようにサポートを20年あまり学習事業に携わり続けている学習塾を、角田市で運営しています。会社名は、ここから育つ子どもたちが小さな芽を大きく伸ばし、やがて大きな森になるようにという願いを込めて名付けました。南部地域で生まれ育った教室を利用する生徒様一人ひとりが希望する進路に進めるように、スタッフがしっかりと考えながら指導を行うことで、全国や都市部に後れをとっている大学進学率を向上を目指しています。角田市など3つの教室で指導を行う学習教室のコースには、ゼミコースと個別コースの2種類をご用意しています。ゼミコースでは、一般的な学習塾のように、集団で行う授業を学校の学習速度に合わせた予習型のコースとなります。対して、個別コースは、講師1人に生徒様2人という少人数体制で行う、個別指導形式となっています。個別指導用のブースを設けておらず、生徒様を狭いスペースに押し込めて指導を行わないようにしていますので、安心して学習に集中していただけます。

東日本大震災をきっかけに被災した子どもたちの学習支援も行っています

2011年に起こった東日本大震災をきっかけに、宮城県の沿岸南部地域に住んでいる子どもたちに学習支援を行っている学習教室を、角田市や大河原町などで運営しています。小学生から高校生の生徒様を対象にして、学校の放課後や長期の休みを利用して行っている学習支援活動に積極的に取り組んでいます。時間や場所、対象をずらして小さな支援の仕組みをいくつも組み合わせ、重ね合わせることで、地域全体に届く仕組みとなるという考えの下、活動を続けていますので、興味を持たれた方からのお問い合わせをお待ちしています。また、こうした活動を続けていくうちに、不登校の子どもたちの居場所づくりや地元に高校がない高校生の居場所づくりとして広がっていきました。不登校になってしまった小学生から高校生までの生徒様を、運営している3つの学習教室で受け入れていますので、ご相談をお待ちしています。そして、地元に高校がなく、中学卒業後に交流が難しい山北町の子どもたちのために、交流できる場所の運営も行っています。